お店の宣伝広告の場所を有効活用するのが仕切りでpop

コンビニや書店、スーパーなどで目にするpopですが、最近では仕切りにpopを使用するという方法が注目されています。書店やスーパーなどでは限られた空間の中で売りたい商品を如何に他の商品より目立たたせるかが鍵となります。陳列の工夫や、店の入り口でのチラシやのぼり、ポスターなどの活用もそうですが、実際に商品を陳列している中で更に宣伝効果を上げるのが仕切りにpopを使用すると言う方法になります。仕切りにpopを使用すると、仕切られた空間が他の空間と隔離されたかのような錯覚を受け、アピールしたい商品が特別な空間に存在している商品に感じられる効果が得られます。また、popに表示される文字やイラストなどによって消費者の購買意欲を刺激し、通常のpopより更に高い効果を発揮し購買意思へ繋げる事が出来ます。

pop仕切りのバリエーションが豊富

店頭で大きな宣伝効果を発揮し、購買意欲の向上へと繋がるpopの中で、他の陳列してある商品から独立した存在感を演出し、通常popより高い効果を発揮する仕切りpopですが、その種類も目的に応じて様々なものが発売されています。pop仕切り板と呼ばれる商品はケースと一体化した商品で、ケースを設置した際にpopが挟めるよう一部分が飛び出した形状をしており、カテゴリーやキャンペーン表示などに効果があります。サイネージpop仕切りでは、デジタル化したデータを表示させる事が出来るため動画やコンテンツなどの表示が可能な商品です。その他には書店やレンタルビデオショップなどで用いられる商品と同型のpop仕切りです。商品と同じように陳列しておくだけでpopが飛び出して表示されるようになっているため、手軽にpop仕切りとしての運用を行う事が出来るものです。

店内の有効スペースを活用するpop仕切り

このように多種多様の商品が存在し、様々なシーンで活用するpop仕切りですが、本来の目的は限られたスペースを有効活用し、如何にその商品を目立たせるかと言う効果を実現させるために考案されました。人気のあるお店の多くは、品揃えが豊富なだけでなく、如何に早く目的の商品を見つけ出せるか、買い物に行った際にお気に入りの商品を早く見つけ出せるかがポイントになります。品揃えを増やそうと考えた際、お店の空間は無限でなく限りがありますので陳列に工夫が必要になります。また、乱雑にモノを配置していては、来店したお客さんが商品を探す事がストレスとなり、リピーターを狙う事が出来ません。そのような場合の解決方法としてもpop仕切りは効果があります。沢山の商品を陳列していたとしても仕切りpopがあれば、ここからここまでがこの商品と言うように説明が出来、デザインや価格などで押したい商品をはっきりさせる事が出来ます。